ゼニカルジェネリック

フォビカル(ゼニカルジェネリック)

 

ダイエットに関連した薬剤は大きく分けて、2つのタイプに分類されます。

 

@脂肪の吸収を抑えてしまう。

 

A食欲を無くしてしまう。

 

Aの食欲に関する薬は、直接脳に刺激を与えるくすりになりますので、すこし危険を伴う可能性があります。
たとえば、食欲だけを抑えるつもりが、性欲がなくなり、やる気も無くなってしまうような事が起きますと、大変です。

 

一方、脂肪の吸収を抑制するタイプの薬は食事制限を特別にする必要がありませんので、リバンドもおこりずらく、比較的安全にダイエットをする事が可能になります。

 

その役目を果たすオルリスタット配合のものが現在では肥満外来などで広く使用されています。

 

ゼニカルもこの成分を使ったものになりあます。

 

フォビカルはゼニカルのジェネリック医薬品で、コストもかなり抑える事ができます。

 

フォビカルなどのオルリスタット配合の薬の特徴として、普段より便意が多くなり何となく下痢ぎみになる事があります。

 

これは小腸で脂肪分を吸収させない機能が発揮されている証拠で、フォビカルが効いている事になります。

 

実際にこのフォビカルを利用していてトイレに行きますと、驚くほどの脂肪分が便の中にある事をきずかされます。

 

特に脂分の多い食事をした後には、この効果が強くラー油のような便が出ますので覚悟しておいてください。

 

同時におならが出やすくなります。

 

このおならが実は一番問題で、おならと一緒にラー油も出てきてしまいます。

 

フォビカルを使用中は、常にトイレの位置を確認しておいて、便意を感じましたらすぐにトイレ行くようにしましょう。

 

通常の病気の下痢とは違いますので、いつまでも下痢の状態が続くわけではなく、出るものが出てしまえば後は通常と同じです。

 

トイレにどうしてもいけないなどの場合にあらかじね大人用のおむつをするなり用意しておくといいでしょう。

 

実際臭いもきついですので、間違えて下着の中でラー油がでてしますと、かなり問題になります。

 
ゼニカルジェネリック