ゼニカルジェネリック

ゼニカルの副作用

 

ゼニカルは薬ですので、必ず副作用があります。

 

ゼニカルを飲んで2〜3日しますと、トイレに行った時に便と一緒に油が出てきます。油は水に浮きますのですぐに分かります。

 

何となくその光景がラー油に似ているので、服用者の間では「ラー油がでた」などと言います。

 

 

食事が脂っこいものを食べた後には、当然らー油の量も多くなりますので、「軟便」になる場合があります。

 

あと油はすべりがいいので、おならも大変です。一緒にラー油が出てくる場合もあります。

 

出来ればゼニカルを飲んでいるときには、ナプキンをしていた方がいいです。

 

あくまでも食事の状況や個人差もありますので、なんの問題もない人もいます。(トイレに行ってラー油がでるのは全員です。)

 

トイレで油が出たのを初めて見るとみんな驚きます。そして、こんなに食事の中に油が入ってたんだと知るわけです。

 

その油を見ていると自然に食事も脂っこいものを避けるようになり、食習慣も自然に変化してきます。

 

ゼニカルの99%は便と一緒に排出されますので、「大腸がん」などを心配している方もいるようですが、重篤な副作用がでたという報告のありませんし、何の因果関係もありません。

 

また、体脂肪が多くて、高血圧、高コレステロール、高血糖値等に該当する方にとっては、ゼニカルにより、ダイエット、減量を行うことで、メタボリックシンドローム対策になると言われています。

 
ゼニカルジェネリック